火災警報器の設置場所

必ず設置する部屋

寝室 普段の就寝に使われる部屋に設置します。 子供部屋やご老人の居室なども、 就寝に使われてる場合は対象となります。
階段 寝室がある階の階段に設置します
※1Fの階段は設置不要
※屋外に設置された階段を除く

条件により設置

階段
(3階建以上の場合 
寝室がある階から、2つ下の階段に設置します。
※屋外に設置された階段を除く
階段
(3階建以上の場合◆
寝室が1Fのみにある場合は居室のある最上階に設置します。
廊下 寝室を除く居室(床面積7岼幣紂砲5以上ある階の廊下に設置します。

その他市町村条例で決定

台所・その他居室 市町村条例により設置が義務づけられている部屋に設置します。
※台所には熱式の火災警報器をおすすめします。

各住宅パターン設置例

1階建て

寝室に火災警報器を設置します。

2階建て

寝室1階のみ
寝室2階のみ
寝室1階・2階

3階建

寝室1階のみ
寝室2階のみ
寝室3階のみ
寝室1階・2階
寝室1階・3階
寝室2階・3階
寝室1階・2階・3階

PAGE TOP